投資マンションを選ぶポイント|富豪になるには

リスクを確認しよう

マンション

中古ワンルームマンションを購入して、副収入を作ろうとしている人が増えています。マンション経営を成功させたいのであれば、まずはマンション経営のリスクを知っておきましょう。リスクを知ったうえで、そのリスクへの対策を取っておけば、マンション経営で失敗する可能性は限りなくゼロに近くなり、安定した家賃収入を得続けられるようになります。マンション経営というキーワードを聞いたときに、多くの人が懸念することが空室や滞納です。多額の資金を投じて中古ワンルームマンションを買ったのに、空室になってしまい、家賃収入が入ってこなければ、投下資金を回収することができません。この空室対策に有効な手段としては、エリアを主要都市に限るということが挙げられます。また、一部の賃貸管理会社が行っている空室保証や滞納保証のサービスを利用するというのも有効です。2つ目のリスクとして考えておかなければいけないことが震災リスクです。地震によって購入した中古ワンルームマンションが使い物にならなくなってしまったら、大きな損害を被ってしまいます。このリスクへの対処法としては、築年数の新しいSRC構造もしくはRC構造の物件を選ぶということです。木造物件は価格は安いですが避けましょう。1981年に新耐震設計法という法律が施行されています。この耐震基準を満たしたマンションを購入しておけば、大きな地震が起きても、それほど心配することはありません。