投資マンションを選ぶポイント|富豪になるには

今こそ投資を

集合住宅

所得税と相続税でメリット

マンション投資には一棟買いとワンルーム購入のパターンがあり、手軽なワンルームマンションへの投資が人気を集めています。20代や30代の若い世代の方が購入に踏み切るケースも多く、利回りが高い物件は特に人気を集めています。なぜなら、預貯金をするよりもはるかに高い投資効率を期待することができるからです。そして、ワンルームマンション投資を行うメリットの1つとして、節税対策になることが考えられます。ここで、日本の所得税制度について知っておく必要があります。日本の所得税には、総合課税と分離課税という2つのタイプに分けられ、前者では他の所得と合算して計算することができ、後者ではできません。そして、不動産所得と給与所得などは、総合課税に分類されています。つまり、給与所得のプラスの部分と、不動産購入にかかった費用は合算することができるため、節税対策になるというわけです。また相続税を考えるうえでも、マンション投資を行うメリットは大きいと言えます。なぜなら現行の法律では、現金を相続するよりも不動産で相続した方が評価額が大幅に減額されるからです。ケースによって大きく異なりますが、最大で3分の1程度に相続税評価額が下がり、税額も大幅に減ることとなります。そのため、マンション投資を行うと所得税や相続税を大幅に減らすことも可能なのです。また、マンション投資は家賃収入も期待できますし、ワンルームの場合、比較的簡単に売却できるメリットもあります。